使うほどに味がでるシンプルで爽やかなワキガ
ホーム > 健康 > 糖尿病になりにくい食事を心がけよう

糖尿病になりにくい食事を心がけよう

糖尿病と日頃の食事との関係はたいへん密接なものです。それで、是非とも糖尿病にやりにくい食事の習慣を身に着けるようにしましょう。

糖尿病になりにくい食事のポイントの一つは、間食を控え、一日三度の食事をきちんととることが基本であると言われています。もちろん、決められたカロリーを越えないよう注意することは絶対不可欠な要素です。カロリーの摂取を必要な量に抑え、たんぱく質や脂質、ミネラルやビタミンといったさまざまな栄養素をバランスよくとるようにしましょう。そうすることによって、膵臓の負担を軽くすることができ、膵臓の能力を回復させることができるからです。

また職場での昼食を、コンビニや宅配のお弁当などにする代わりに、自分で作ったお弁当にすることによっても、かなりの程度カロリーを抑えることができるでしょう。外食する場合も同様に、揚げ物や炒め物、バターを使ったものなどが多い洋食や中華などを選ぶのではなく和食を選ぶようにするなら、カロリーを抑えることができます。

さらに、糖尿病になりにくい食事の別のポイントは、玄米や海草、野菜、またきのこ類などから食物繊維をしっかり摂取することです。つい主菜をたくさん食べてしまうという人は、主菜の量を減らす工夫も必要でしょう。糖尿病 オリゴ糖 おすすめ